乳児の病気について

Just another WordPress site

乳児の病気について
未分類 | 01月08日更新

乳児の病気に常に良い備えをしておく

乳児は免疫力と抵抗力がとても弱いですので、さまざまな病気にかかります。乳児の病気で一番多いのは風邪です。特に生後半年を過ぎる頃には、お母さんからもらった免疫がなくなりますので、風邪をひきやすくなります。他に乳児がかかりやすい病気としては、百日せき、急性中耳炎、アトピー性皮膚炎、ロタウイルスです。それで、お母さんは乳児の病気に常に良い備えをしておくことは大切です。例えば、インターネットや育児書などで

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

乳児の病気からわが子を守るためには

乳児は自分の体調不良や病気を自分で伝えることができません。それでお母さんが乳児の病気に敏感でありましょう。乳児を病気から守るために大切なことは、乳児の体調の変化を見逃さない。ということです。例えば、鼻水が出ている、くしゃみをよくする、身体が熱い、発疹が出ている。といった時には、風邪などにかかっているかもしれませんので気をつけましょう。さらに、乳児の病気から守るためには、定期健診をしっかり受ける必要

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

乳児の病気には敏感であるべきです

乳児は、自分の言葉で自分の身体の不調をうったえることができません。それでお母さんは、乳児の病気や体調の変化に敏感であるべきです。乳児のかかりやすい病気で一番多いのは、風邪です。生後半年頃までは、風邪にかかりにくいですが半年を過ぎると、風邪にかかりやすくなります。また、八ヶ月から十ヶ月を過ぎると、おたふくかぜや風疹などになる乳児が多いので、この頃は特に注意をすべきです。一般的に乳児園や保育園などに預

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

乳児の病気は十分気をつける

まちにまった我が子が無事に産まれてたなら、一生懸命愛情を注いで育てたいと思うものです。それで大切なことは乳児の病気に気をつけることです。これまでお母さんのおなかの中で用水に守られて育ってきましたが、お母さんのお腹の中から外の世界に出ると、身体が順応せずにいろんな病気にかかることがあります。それで、赤ちゃんがいつも以上に泣きやまない、熱っぽい、顔が赤い、ミルクを飲まない、といった時には、身体の不調か

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

かかりやすい乳児の病気について

かかりやすい乳児の病気としては、風邪や突発性湿疹、百日咳、急性中耳炎、湿疹、アトピー性皮膚炎、ロタウイルス下痢などがあります。乳児の病気の始まりには、普段とは違う乳児の様子や症状があります。発疹や嘔吐、下痢、せき、鼻水など母親の目や耳で分かる症状で気づくことが多いです。また、母親ならではのいつもとは違うというカンが大切です。生後半年ぐらいまでは、高い熱がでなくても病気が進行している場合があります。

" 続きを読む